2017年8月23日 FX攻略法 0

FXで取引する通貨ペアは20~30通り取引できる通貨ペアはFX会社によって違うFXの取引は、2つの異なる通貨を売買することで行います。

この「2つの異なる通貨」の組み合わせを通貨ペアといいます。

ここまで何度か紹介したアメリカのドルと日本の円の組み合わせも、通貨ペアの1つです。

「1万ドルを買う」というときには、ドルを買って円を売るという取引をしています。

通貨ペアの数は通貨の組み合わせの分だけ存在することになります。とはいえ、実際に取引できる通貨ペアの種類はFX会社によって異なります。

おおよそ10通貨程度を組み合わせてできる20~30ペア程度を扱っているのが一般的です。

日本に住む私たちは円を使っていますから、円とドル、円とユーロ、円とポンドという具合に、円と他の通貨のペアがイメージしやすいと思います。

しかしもちろん、ドルとユーロ、ユーロとポンドなどと、円以外の通貨ペアもあります。

通貨ペアによって為替レートも値動きも異なりますので、それぞれの通貨の特徴を踏まえることが大切になります。